こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

スイス・ツェルマットツアー その3

3/22(木)

本日も快晴なり。
昨日、誤って録画した旅の思い出を全て消去してしまって落ち込んでいるK島さんのために、再びイタリアのチェルビニアを目指す。
c0018489_22542592.jpg
先日は立ち寄らなかった
欧州最高地点にある展望台へ。

エレベーターで2階分ほど上がり、
更に階段を登った先に
(富士山より高いので結構しんどい…)、
360℃のパノラマビューが広がっていた。

感激!


ブライトホルン 4164mへ向かうスキー登山者のパーティーが幾つも見えた。
羨望のまなざしで眺める。
c0018489_2303164.jpg


さあ今日もいっぱい滑りますよ~。
Tバーリフトも1本乗って、距離が長いのでかなり疲れる。
c0018489_2332812.jpg


下界は暑いくらいで、麓に近くなると雪はグサグサ。
チェルビニアから見ると、マッターホルンは全然違う山に見える(真ん中の山)。
c0018489_2351675.jpg


c0018489_2374881.jpg
ピザ屋さんで食べたピザが
とっても美味しかった♪


チェルビニアから6人乗りリフトを2本乗り継いだ先は、マッターホルン(イタリア側ではチェルビーノという。ほんま全然違う山に見えるね)がとても近くて、自分でも登れるんとちゃうかと思ってしまうくらい。
c0018489_2391065.jpg


また長い長いコースを延々滑ってツェルマットへ戻る。この川まで滑ればゴールは近い。
c0018489_23172252.jpg



3/23(金)

スキー最終日。今日はSunnegga方面へ。
バスでケーブル駅へ向かい、高速の地下ケーブルで一気に2288mまで上がる。
c0018489_23233798.jpg


更にゴンドラ、ロープウェイを乗りついてRothorn 3103mへ。
ここから見えるこの景色のほとんどがスキー場。
Matterhorn Ski Paradaise!その名の通り、ここは天国かもしれない。
c0018489_2325457.jpg


今日も快晴。どこを見渡してもパラダイスだよう。
c0018489_2327374.jpg


最後にマッターホルンを眺めながら、Sunneggaで乾杯!嗚呼贅沢なり。
c0018489_233075.jpg


後ろ髪をひかれつつも、ケーブルで下山。
一旦ホテルに戻ってから、街を散策。

昔ながらの木造の倉庫には、石造りの鼠返しがついている。
c0018489_23335249.jpg


c0018489_23344753.jpg
1865年、マッターホルンを
初登頂したウィンパー卿のレリーフ。

ウィンパーが定宿にしていた
ホテル・モンテローザの壁に
埋め込まれている。


今回滞在したホテル Alpenblick。我々の泊まった部屋のベランダには日章旗が掲げられている。
ファミリーで経営されていて、とてもあったかいお宿だった。
c0018489_23434494.jpg
我々の部屋は3階と4階の同じ角部屋で、
ベランダからマッターホルンも見える
嬉しい部屋だった。
3階だと全部は見えないけどね。


c0018489_23484088.jpg
朝食はビュッフェで、パンとヨーグルト、チーズの美味しいことったら!


ホテルは街から少し離れたゴンドラ駅に近い所だったため、外食しに行くのも面倒なので、夕食も宿泊にプラスしてもらった。毎日メニューが違って楽しい夕餉なんだけど、毎日コースっちゅうのも、うん、そろそろうどんとかそばとかすすりたくなりますなあ、ってことになる。
c0018489_23501033.jpg


c0018489_2358099.jpg
24日、宿を出る時にオーナーさんからお土産にと国産ワインを頂いた。
オーナーご夫婦の写真付。
スイスは美味しいワインを作っているけれどブドウの生産量が少ないため、ほぼ国内で消費されるそうだ。国外ではほとんど味わうことができない貴重なワイン。
ありがとうございました。


今回のメンバー。今年80歳になるTさん筆頭に、元気で陽気なオジサン軍団。
お天気にも恵まれ、素晴らしいツアーとなりました。
シルバーチームでも毎日毎日まあよく滑ったこと。私も皆さんみたいに、元気に歳を重ねていきたいものです。ありがとうございました。
c0018489_042182.jpg



余談ですが、帰りのチューリッヒ駅でK島さんの財布盗難?紛失?事件があったのが心残りでした。
電車で落としたのか、すられてしまったのか定かでないのですが、空港の警察にまず行くと、散々事情を聞いた後で、まずは駅の遺失物係に行けと。先に言ってっちゅうねん。
そちらに行って駅員に事情を話すと、「今私が書類作ったら有料になるから、後でネットで自分でインプットして」とのこと。乗車した電車の列車番号だけはタダで教えてくれたけど、こちらの国鉄、何でもお金とるんですわ。書類作るのも有料、紛失物が見つかったら見つかったで、引き取る際に手数料をとられるし。…残念ながら、見つからなかったけれど。

更に余談。
スキー場は圧倒的にスキー客が多くて、ボーダーが少なかった。
ヨーロッパでは、まだスキーの方がメインなんでしょうかね。
スキーパスもとても高いし(5日券で34000円位)、若者が気軽に来れないのもあるのでしょうか。
[PR]
by Koh_Chang | 2012-05-08 00:10 | スキー | Comments(4)
Commented by たま屋*にっき水 at 2012-05-09 10:04 x
スキー場にマッターホルンがドーン!って、
すごいロケーションですね。まさに天国。
こんなところでスキーなんて羨ましいなぁ。
私は近江の藪山が精一杯です…。

でも、スキー天国のスキーパスは意外とお高いのにびっくり。
天国で遊ぶには高くつくのですね(^^;
Commented by こうちゃん at 2012-05-09 22:44 x
たまちゃん、近江の藪山もまた魅力的です☆
天国への切符、こんなに高いと思ってなかったからビックリですわ。。。また行ってみたいけどなあ。。。
Commented by bigover at 2012-05-10 09:18 x
見てるだけでお腹一杯になりました。
ごちそうさまでした。
Commented by こうちゃん at 2012-05-10 19:07 x
bigoverさん、何のおもてなしも出来ませんで失礼しました(^。^;)