こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

柏島1・お魚編

12/29~1/1まで高知の西端・柏島でダイビング。

天気晴朗なれども波高し、の日は船が出ないのでクライミングの用意もしていったが、幸か不幸か波穏やかな年末年始で毎日海の人に。
その1:お魚編
c0018489_17574011.jpg
水温は17~19℃くらい。
ドライスーツの中は薄手のフリースまで着ているが、ずっと水の中にいると冷えてくるので潜水時間は夏よりは短く1回40分くらい。

冬は魚数が少なくなるとはいえ、海の中は彼らの世界。

c0018489_1822375.jpg
ドヤ顏のハリセンボン

普通海の中で膨らんでることなんてあらへんよ

四角い魚を真正面から見るのってかわいいよね

c0018489_1854823.jpg
オニカサゴも正面から失礼します

どっかでこういう顔の人
いたような。。。

c0018489_18131528.jpg

このオキゴンベ、
私のことが気になるようで
じっとしながら眼だけをこちらに向けて様子を伺ってくる

c0018489_18162592.jpg

ムラソイは
サンゴの下でお休み中

c0018489_1828173.jpg

岩の隙間に挟まっている
カエルアンコウに至っては
ほんとにビクともしなくて
ずっとボケッとしているように見える

c0018489_18332486.jpg

こっちのカエルアンコウは
岩と同化してしまっていて
魚がいるとは思えない

眼も止まらぬ速さで捕食するなんて
信じがたいなあ

c0018489_18383837.jpg
2011年最後の1本はサンゴの上でまったり。

柏島は以前台風でサンゴが全部やられてしまったけれど
ここまで復活したそうだ。

ウミガメが途中でのっそり泳いでいったので誰かに教えたかったけど、だーれも気づかなかったみたい。

c0018489_18521052.jpg

ツバメウオの群れ

透明度があんまりよくないので
普通のコンデジだと
この程度にしか撮れまへん。。。

c0018489_1920446.jpg

今年の顏、タツノオトシゴの仲間、オオウミウマ

尾っぽをくるりと枝に巻きつけてゆらりゆらり揺れている。

タツノオトシゴは、お腹をパンパンに膨らましていたら、それはオス。オスが妊婦になって、育児嚢で子供を育てるんだね。オオウミウマは、多い時には一度に600匹も稚魚を産出するってすごいなあ。

[PR]
by Koh_Chang | 2012-01-14 00:35 | ダイビング | Comments(0)