こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

谷川連峰・笹穴沢

9月後半の三連休は、沢ヤの義弟も一緒に3人で沢行こう!ってことになったのだが、またもや台風。連休直前、入山口となる川古温泉前の状態がこれ・・・。(←mixi内の情報です。スイマセン)せっかくあんな遠いところまで行って、水が引いてなかったどうしようか…丸二日たったらマシになっていることを祈って出発。

9月24日(土)
関西から谷川はやっぱり遠い。前日15時頃出発して、川古温泉に着いた頃にはとっくに日付が変わっていた。連休じゃないと無理。。。

5:45 駐車場出発。金山沢の出合まで赤谷林道を歩く。道が川状態になっている箇所、泥でヌッチャウェイになっているところも多く、沢靴最初から履いていて正解。ヒルがすごいという記録があり、「ヒル下がりのジョニー」もたっぷり噴射してきたので実害なし。

金山沢から入渓。心配していた増水も問題なく、水も澄んでいた。1時間ほどでいよいよ笹穴沢へ。
5m幅広スダレ状滝。
c0018489_22535883.jpg

二俣からは本格的に滝のオンパレードが始まる。
2段30m。右壁より。
c0018489_22591389.jpg

数段続く滝。
c0018489_2354476.jpg

上部10m滝は左壁から。
c0018489_239292.jpg

トイ状の長いナメ滝。滑り台にするにはちと急流過ぎるか。
c0018489_23105244.jpg

25m滝。
c0018489_23115381.jpg

滝上から振り返る。かなり登ったね。
c0018489_23131953.jpg

まだまだ滝が続くどー。
c0018489_23144035.jpg

30m滝どーん。カッコイイぞー。
c0018489_23153366.jpg

右のフェースを登る。ロープは50mだったがビレイできる所まで届かず、ちょっと同時登攀。
c0018489_23173078.jpg

滝上のスラブナメ。ここで滑ったらいかんぜよ。
c0018489_23263681.jpg

そして出現、大ナメ滝!
c0018489_23274943.jpg

上部まであわせたら100mはあるでしょう。右の草付から登る。
c0018489_23284951.jpg

途中からトラバースして滝の方へ戻ろうとしている所。草がつるつるして結構怖いよう。
c0018489_23295766.jpg

大ナメ滝上部はドドーンとナメが広がる。水量のあるナメなんで迫力あり過ぎ。
c0018489_2332164.jpg

大ナメの先にもまだ続く。15m滝は左から巻く。
c0018489_23345034.jpg

越えると川幅が狭くなって、源流っぽくなってきた。c0018489_23373030.jpg

最後の6m滝。
c0018489_23384216.jpg

いよいよ源流へ。
c0018489_2340455.jpg

最後の詰めで失敗、背丈以上の藪漕ぎ。
c0018489_2342490.jpg

笹薮抜けた~草原が気持ちいい。稜線は近いぞ。目の前に仙ノ倉山。
c0018489_23422339.jpg

笹穴沢を振り返る。
c0018489_23451828.jpg

稜線からは登山道。平標山へ。
c0018489_23454653.jpg

16:30頂上着。沢道具を片づけている内にガスが晴れた。
今日は1日、寒かったけれどお天気に恵まれた。ビバークの準備は持ってきていたが、あまりにも寒すぎで絶対ビバークしたくなかった。下山のめどがついて一安心。山の家方面へ下山開始。
c0018489_23463089.jpg

エビス大黒ノ頭。
c0018489_2352576.jpg

平標山の家から元橋の登山口にタクシーを呼んでおこうと携帯を取り出すも、弟と小生のFOMAは繋がらない。未だにmovaという化石のようなヤナッチの携帯が、こんな時に役に立つとは!!!
どや顔のヤナッチ。しかしmovaサービス終わるまでに、従来の通話エリアぐらいはカバーしといて下さいよ、NTTさん。

余裕をみて19:30にタクシーを呼んだもののの、別荘地?の方に下りて小学校前に出てしまった。
地図を見たら登山口とちょっと離れている。まあ時間もまだあるしと歩いていくと、早めにタクシーが待っていてくれた。

事前にオペレーターさんには川古温泉まで、と伝えていたのだが、運ちゃんにお願いすると「はて、どこかな…」私らもここからの道は初めてだし分かりませんがな。
地図出してあーじゃこーじゃと話していて、ふとナビのことを思い出し、スマホでナビ開始。

タクシーってナビついてないのね。(大阪市内のタクにはついてるって聞いたけど)
スマホのナビって優秀ね。車のナビと遜色なくちゃんと「400m先左折です」とか音声案内してくれるし。川古温泉は山中の林道も走るけど、ちゃんと捕捉しているし。うちの車ナビないし、これでいいんとちゃう?
ちなみに平標登山口~川古温泉まで40分ほどで8230円也。運転手さんありがとう。無事帰れるかな。

念願の笹穴沢。飽きることなく滝が続き、源頭は草原の広がる魅力的な沢だった。
諦めずに行って本当によかった058.gif
[PR]
by Koh_Chang | 2011-10-04 22:39 | | Comments(4)
Commented by uta at 2011-10-05 09:39 x
うわーここもめっさきれいですやん。
こうちゃん趣味ええわぁ
Commented by こうちゃん at 2011-10-06 00:22 x
utaさん、ありがとさんです~
ほんまに美渓でした。いつぞやの岳人に「新百名谷」っちゅう企画があって、絶賛されてたのでずっと行きたかったんですよ~
Commented by marron at 2011-10-06 22:12 x
movaからFOMAに換えたんつい最近やと思ったけど いつの間にかスマホもお持ちですかいな!って変なとこで食いついてスンマヘン
Commented by こうちゃん at 2011-10-07 21:23 x
marronくん、よくお気づきで!
スマホに替えた時、みんなそこつっこんでくれはりましたわ(笑)