こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

西表島・川編

5/7 西表島のピナイサーラ滝へ

c0018489_0355396.jpg

船浦橋のたもとから
カヌーで湾内を
上っていく。



c0018489_048314.jpg

ヒナイ川に入ると
川幅は狭くなり、
両側はマングローブに。

この時、根っこの辺りは
水の下。

目指す滝が見えてきた。


c0018489_0513055.jpg
滝の全容を見る前に、滝口まで登る。

根っこが板状になった
サキシマスオウノキ。

緩い土壌上の大木を支えるため
こんな板状の頑丈な根っこに
なるそうだ。1mくらいの高さが
あるんだけど、全然分からんやん…

足元の根っこは、
網の目状に四方へ伸びている。

c0018489_102836.jpg

泥地にぴょんぴょん跳ねる魚が。

おめめが
やたら真ん丸な
ミナミトビハゼ。

c0018489_132735.jpg

おおお、滝口までやってきた。
海までずっと見渡せるよ。


c0018489_145485.jpg

滝口から。

真ん中に見えるのが
カヌーで上ってきた川で
漕ぎ始めた橋も見える。
あそこから来たんだね。

海の碧さのグラデーションが
感動的だった。
…写真じゃしょぼいけど…

c0018489_172277.jpg

そして真下を見る。

柵も何にもない。

かなり怖い。

くれよんしんちゃんの作者さんの
事故が頭をよぎる。

もちろん
よつんばになって匍匐前進。

下では滝壺で遊ぶ人たち。


c0018489_1152653.jpg

景色を堪能したのち、
我々も滝壺へ向かう。

ピナイサーラの滝。

「ひげのような」滝、という
意味だそうな。
落差55m。
水しぶきで
滝壺のあたりはずっとシャワーを
浴びているみたい。


c0018489_1201283.jpg

滝壺の中には、
大きなウナギや
エビ、カニもいて
しばらく童心にかえって
水遊び。

ヨシノボリの仲間。川魚だけど結構綺麗。


c0018489_133245.jpg

マングローブの代表選手、
オヒルギの赤い花と
細長い実。

c0018489_1384215.jpg

帰りは干潮で湾内の水が引き
最後はカヌーをひっぱって戻る。


c0018489_1401952.jpg
潮が引くと、
何千、何万という
ミナミコメツキガニが出現し
一斉に海に向かって移動している。
なかなか壮絶な光景であった。

が、このカニ、かなり臆病で、
近づくと一斉に土の中へ潜ってしまう。
暫くじっとしていると、
もぞもぞとまた現れ…。

その様が面白くて何度も追いかけて遊ぶバカ二人…。
---

西表島は、マラリアの発生する地域であったが故に開発の手から逃れられ、今も豊かな自然が残る。

第二次世界大戦時には、日本軍により周りの島から強制的に西表島に疎開された方々が、多数マラリアの犠牲になった。蚊帳も薬もなく、蚊に刺されっぱなしの状態。八重山諸島では、戦争の被害よりもマラリアによる犠牲者の方が遥かに多かったそうだ。

いまだに島を一周する道路がないとはいえ、道があるところには車が走る。
イリオモテヤマネコの交通事故は毎年後を絶たず、シロハラクイナ(ヤンバルは西表島にはいない)の無残な姿は、珍しくない。

島の自然や生き物にとったら、人間なんていない方がいいでしょうね。
ごめんね、でもやっぱりまた行きたいと思ってる。
[PR]
by Koh_chang | 2011-06-19 01:33 | | Comments(2)
Commented by at 2011-07-14 18:42 x
滝も海も植物も生き物もすばらしいですね!!
Commented by こうちゃん at 2011-07-15 00:24 x
ほんと?お世辞でもいいや、とっても嬉しいです。
ありがとう!!