こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

黒部・日電歩道

10/24 阿曽原温泉~日電歩道~黒部ダム

阿曽原温泉から上流へ。
人見平の関電宿舎前を通り、仙人ダムへの道中で、あの高熱隧道を横切る。
c0018489_034742.jpg


仙人ダムは不思議なほど碧い水をたたえていた。
c0018489_038843.jpg


ダムの上を渡る。ここからの景色が素晴らしい。
c0018489_0404066.jpg


東谷吊橋。ここで対岸に渡る。ここからいよいよ下ノ廊下のハイライト。
c0018489_23103751.jpg


S字峡
c0018489_2311471.jpg


「黒部で怪我はしない。」足下は黒部の激流。落ちたら即死だ。
道は人がすれ違うのも大変な幅。ワイヤーがなかったら、かなりやばい。
黒四が建設された時、水平歩道・日電歩道は関電が毎年整備することが義務付けられたそうで、現在も続けられている。こんな場所に人が通れること自体が、驚異的なことだ。
c0018489_23125523.jpg


十字峡
黒部川に剣沢と棒小屋沢が十字で交わる。
c0018489_0364745.jpg


白竜峡
一部こんな丸太の道もあり。
c0018489_0414842.jpg


川の両岸に白い壁が聳え立つ。
この辺りまでくると、川面がぐっと近くなる。白壁を削った道は細く、すれ違うのに気を使う。
c0018489_0423790.jpg


白壁に紅葉が映えて美しい。まっすぐな歩道はまだまだ続く。
c0018489_0451435.jpg


上流に向かって歩くため、少しずつだが標高が上がる。
紅葉の色づきも、歩いた分だけ進んでゆく。
c0018489_0463284.jpg


c0018489_0465231.jpg


内蔵助谷と出合い、日電歩道は終わる。
「黒部の巨人」丸山東壁。
c0018489_0471539.jpg


黒四ダム到着。丁度雨が降って来て、カッパを出さずに済んだ。
c0018489_047366.jpg


---
水平歩道~日電歩道は、毎年積雪状態により整備が完了する時期が異なり、一般登山者が踏破できる期間が短く、大変人気の高いコースだ。
行かれる前には、「高熱隧道」と「黒部の太陽」を読まれることをお薦めしたい。
自分は、帰ってから読んだことに後悔した。
ただの「景色が綺麗な道」ではない。
いい悪いは別にして、その背景にある重みを感じながら、
再度歩いてみたいと思う。
[PR]
by Koh_chang | 2010-10-24 00:26 | | Comments(0)