こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

五竜岳~鹿島槍ヶ岳・その2

五竜山荘 5:30~五竜岳~鹿島槍ヶ岳~冷池山荘 15:30

梅雨が明け、今日から絶好の登山日和。
朝、日が昇るとともに、幻想的な世界が広がる。
c0018489_23103251.jpg


朝焼けで五竜岳も赤く染まる。
c0018489_23113774.jpg


朝起きた時には、縦走路までテントがびっしり張られているほどの混雑ぶりであった五竜山荘周辺も、我々が出発する5:30にはもう多くの登山者が出発した後。
高度があがるにつれて、ふり返ると唐松から白馬方面の山々が見えてくる。
c0018489_23191953.jpg


やっぱり山は天気が命。
昨日はさっぱりだった鹿島槍が、今日はこんなに綺麗に見える。
c0018489_23202953.jpg


五竜岳への登り。
c0018489_23211027.jpg


唐松方面をふり返ると、非対称山稜なのがよく分かる。長野県側は険しくて、富山県側は流れるような斜面。
c0018489_2322185.jpg


五竜岳頂上到着!
遠くに富士山も見えるよ。
c0018489_23225611.jpg


鹿島槍へ向かう途中でふり返ると、先ほどの五竜岳がもうあんなところ。
c0018489_2324181.jpg


八峰キレットの手前にあるキレット小屋に到着。
いやまあ、よくこんな場所に小屋が建てられたなあ!
c0018489_23253572.jpg


キレットを越えてから、ハクサンイチゲが斜面に咲いていた。
c0018489_232855.jpg


こちらの山域からは、剣岳が堂々と見える。
c0018489_23312469.jpg


この後、鹿島槍頂上に着く頃には、ガスの中になってしまい眺望はなし。
15:30、冷池山荘のテン場に到着したが、既にテン場はいっぱい。
何とか場所を確保したが、その後もどんどん増えて、すごいことになっていた。

小屋も鬼の様に人がごったがえし、えらいことになっている。
三連休&梅雨明けでとにかく凄い人人人だ。

ここのテント場の悲しいところは、水とトイレのある小屋がかなり離れていること。しかも高度差まであるので、疲れた体にはきびしいのう。

けれでもこのテン場からみる剣岳のかっちょいいこと。
日が落ちてから暫く、剣の雄姿を飽きるまで眺めた。
c0018489_2329149.jpg


---
今日見たお花のほんの一部。
イワベンケイ。
岩場でも逞しく生育するようすを弁慶にたとえたことが名前の由来。
c0018489_2332574.jpg


イワギキョウ。
こちらもこんな岩の隙間から美しい花を咲かす。
逞しくも可憐。
私もそうでありたいが。
c0018489_23351329.jpg
[PR]
by Koh_Chang | 2010-07-18 23:36 | | Comments(0)