こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

屋久島・その2~モッチョム岳『屋久島フリーウェイ』

朝、明るくなってから、昨日偵察したアプローチを行く。印を追いながら1時間半ほどで、無事取り付きに着いた。

8時前に、小生先行で登攀開始。以降、奇数ピッチは小生、偶数ピッチはヤナッチがリード。
脱いだ靴は各自が腰にぶらさげ、その他の荷物は1つのザックにまとめてフォローが背負う。
デジカメは持ってこなかったのだが、安定したテラスでだけ携帯で何枚か撮った。
携帯って便利やねえ。

c0018489_22482172.jpg
1P:5.7 
三角岩正面にもルートが追加されているが、迷わず草つきのオリジナルルートから登る。

← さすが南国、草付きはボーボーである。
三角岩のてっぺんへ。


2P:10d 
12Pの中で一番難しいピッチ。2P目のボルト位置が悪く、クリップ前にスリップするとグランドフォールになってしまう。中間部の外傾バンドの辺りも激悪。10dより難しいと感じた。

3P:10b
凹角を両手両足ステミングで登っていく。終了点は2箇所あるが、左は大きなフレーク上にあるようなので、足元は悪くても右の方が安心。

4P:5.8
最後はかなりブッシュを掻き分けて終了点へ。

5P:5.10a
ここも100岩場の誤植あり。壁を見たら分かるけどね…右には行けません。
左のヤブをトラバースして、ハンドクラックをわっしわっしと登り、広い黒稜テラスへ。更に左へクライムダウンすると終了点。このピッチのクラックは、ワイド、と記載があってびびっていたのだが、ハンドサイズの短いクラックだったので、良かった…。

c0018489_23362872.jpg

5P目の終了点から後ろを振り返る。

すごい高度感!


6P:5.9
左のフェイスにぺツルが打たれていたので、ヤナッチはそちらを登ったのだが、絶対に5.9じゃない!悪態をつきながら登っていたが、周りを良く見ると、右のハング下にぺツルが…。
開拓者の記録を見ると、ハング直下をトラバース、とあるので、間違えてしまったようだ。
このルートも追加ルートなんだろうか。真相分からず。

7P:10c
ここから上は、すっきりしたスラブが続く。
頑張って渾身パワーでオンサイト。嬉しい♪

8P:10a
スラブが続く。フォローはもう遠慮なくガンガンA0で登る。

c0018489_23361954.jpg

9P目の取り付き
から見上げる。

安定したテラス。

9P:10a
スラブは続くよ、どこまでも。
8ピッチも登ると、正直もう足が痛くて仕方がなかった。全体的にホールドに乏しいピッチが多く、細かい立ちこみは、特に左足の爆弾・種子骨をきりきり痛めつける。
せっかく良くなった足を壊したくない。このピッチはテンションを入れて足を休ませながら、フリーで登る。

10P:10c
まだまだ延々続くスラブ。7P目より傾斜が強い。もうたまりません。
途中から剥がれそうなフレークが出てくるけど、本当に剥がれそうで力が入れられない。

11P:5.7
ボルトが少なく、ルートがちょっと分かりにくいが、登りやすそうなラインを選んで幅70㎝の安定したテラスへ。このテラスが最高。眼下に木々の緑と屋久島の町と島を縁取る海岸線、そして広い広い海が果てしなく続く。思わず涙が出るほど感動する景色だった。
c0018489_0532786.jpg

テラスから見た景色。
実際はもっと美しく雄大で感動的なのですが。



c0018489_0214571.jpg12P:5.9

←テラスより最終ピッチを見上げる。

最後の最後まで、全く気の抜けないクライミングが続く。またスラブ…もう足限界。
ホールドらしきものはさっぱりなく、完全にフリクションを信じるのみのクライミング。
最後はヤブに突入し、立ち木でビレイ。


一旦そこまでフォローし、頂上目指してまずは左へブッシュに突っ込むが、背丈以上のヤブに閉口。暫くもがくも断念して戻る。右の方へ行くと、ボロボロRCCの首だけあり、ここからなら行けるかも、と上に這い上がる。こちらの方がヤブが薄く、次第に背丈が高くなるも大岩の側にくる。あまりにロープが重いので、一度きってそこからはヤナッチが先行。ほどなく、無事頂上へ到着!!
c0018489_015136.jpg

モッチョム岳は「本富岳」と書きます。


c0018489_0242425.jpg
いつの間にやらもう18時。長かったなあ。
モッチョム岳の影が、海へ向って伸びていた。
あの三角のテッペンにいるんだね。

1日いいお天気で、風があって干上がらず、
本当に恵まれた日であった。


下山は一般登山道を行く。
途中からヘッデンになったので、モッチョム太郎などの屋久杉は影しか見えず。
2時間半くらいかかって、ヘロヘロになって車へ戻る。
ヘロヘロでも、無事頂上を踏んで帰ってこれたことが
純粋にとても嬉しい。
[PR]
by Koh_chang | 2010-05-04 22:44 | クライミング | Comments(4)
Commented by マメオ at 2010-05-20 20:48 x
実際はもっと美しく雄大で感動的なのですが。

分かる分かるその気持ち…
Commented by こうちゃん at 2010-05-20 23:09 x
マメオさん、分かってもらえて嬉しいです。
人間に目って、本当に素晴らしいですよね。
山の様々な緑や鮮やかな花の色、青い空や海の色。目の前に広がる感動的な景色を、デジカメで撮ると、あれれれれ?ってなってしまいます…。写真でそれを伝えるのって難しいですね。
Commented by SunnyK at 2010-05-27 09:43 x
こうちゃん、こんにちは。お初コメントです。
自分は10年以上前にハイキングで屋久杉を見に、屋久島へ行きました。大自然そのまんまで、本当にいいとこですよね〜。
クライミング始めてからモッチョム岳はあこがれのロングフリールートになりましたが、なかなか遠くて、行くのは難しいです……。
いいな〜。すごい風景なんでしょうね〜。
Commented by こうちゃん at 2010-05-27 23:20 x
SunnyKさん、ようこそお越し下さいました!
コメントありがとうございます♪
屋久島が流行る前に行かれたのですね。今や縄文杉までのコースは、繁忙期は行列だそうです…。縄文杉の前はびっくりするほど立派な展望テラスがありました。
屋久島、直行便で行きやすくなってますので、是非また再訪して下さい。姐さんなら、モッチョム岳凄く楽しいと思います!!