こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

熊野古道・伊勢路をゆく その1

Tさんから、シーズンが始まる前に熊野古道を自転車でいきませんか、とのお誘い頂いた。
春の陽気を感じる暖かな朝、JR熊野市駅でTさんと集合し、車をおいていざ出発。
c0018489_2321738.jpg

まずは松本峠へ。

c0018489_23594370.jpg

峠へ通じる石畳の階段。
自転車は担いで登る。


c0018489_00514.jpg

峠の近くにある展望台から、
七里御浜を望む。
七里御浜は「日本の渚百選」に選ばれた名勝で、25㌔に及ぶながーい海岸。

目指すゴールは遠いのお。

c0018489_094038.jpg

松本峠を越え、また車道に戻り
(やっと自転車にのれる♪)
観音道でまた担ぎ、
さらに大吹峠へ。

確かに担ぎが多いかも、
って聞いていたが…。

正直、自転車邪魔だよう。
重いよう。

人もいなくて、
とても静かな古道なのだけど、
これではイマイチ楽しめない。

c0018489_035138.jpg

道沿いに積まれた石垣は「猪垣」といって、
昔、山間部に作られた田畑を
イノシシから守るために築かれたもの。

でもこの位の高さだと、
イノシシが越えてしまいそう。

c0018489_23133888.jpg
七里御浜の浜辺にようやく降り立つ。

浜をチャリで走れるか試しに漕いでみたが、石ころの浜なので、笑えるほど前に全く進まず。さっさと諦めて車道を走る。

c0018489_23182558.jpg

獅子岩

「日本のスフィンクス」
って呼ばれているそうな。

うーん。スフィンクスか?

c0018489_23232551.jpg
途中から海岸沿いに真っ直ぐ堤防の道が続き、快適に走る。

自転車は担ぐもんじゃありまへん。

c0018489_23204348.jpg

遠くから見たときは、島かな、何て思っていた物体は、昨年秋に座礁したフェリーの残骸であった。

少しずつ解体作業が進んでいるそうだ。


この後、Tさんはそのまま新宮市のお宿へ、ヤナッチと小生は車のピックアップのために熊野市駅まで引き返す。

宿泊は山仲間同士では珍しく?割烹旅館でお料理もお酒もとても美味しく頂けた。
[PR]
by Koh_chang | 2010-03-13 23:58 | MTB | Comments(0)