こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

柏島・その1

c0018489_22322229.jpg目つきが変なシマウミスズメ。
ハコフグの仲間で、体表に粘液性の毒を持つ。この目つき、きっと写真を撮られて毒を分泌しているに違いない。水槽で飼って刺激を与えるようなことをすると、他の魚が死滅、最後には自分も死んでしまうそうな。

海の小さなチアリーダー、キンチャクガニ。
c0018489_22323726.jpg1㎝ほどの小さなカニが、毒を持つイソギンチャクを振り回して、敵から身を守る。ポンポンを持ったチアリーダーのようで、とってもキュート。
カニが持つイソギンチャクは、カニハサミイソギンチャクというが、何とカニに挟まれている以外に単独で発見されたことがないという。大海原で、この小さな種同士がどうやって出合うのかは、謎に包まれているそうだ。
ロマンやな~。

c0018489_2232537.jpg左のゴミの塊みたいな物体は、モクズショイというカニ。藻屑を背負っている、の名前の由来通り、色んな藻屑を体毛にひっつけて身を隠す。
水族館では、色んな色の毛糸をまとった大阪のオバチャンもびっくりなド派手バージョンがいたりする。
果たしてモクズをひっぺがすとどんなカニになるのか興味深いところ。
右の丸い物体はラッパウニ。こちらも貝殻などをひっつけているが、カニとは事情が異なる。長くなるのでまた別の項で…。

c0018489_22331076.jpgサラサゴンベ。

目の下、2本のしゅっとひいた線が、
サラサのポイント。

今日はアケボノハゼも見れたけど、まともな写真が撮れず、残念!

[PR]
by koh_chang | 2009-03-19 22:33 | ダイビング | Comments(0)