こうちゃんの部屋

kochang.exblog.jp
ブログトップ

お餅を並べる入れ物は

ランチタイムは、1日の会社生活で一番楽しい時間です。職場のツワモノ女性陣と一緒に、フロアの一室であれこれおしゃべりしながらの1時間は、あっという間に過ぎるものです。
色んな話題で盛り上がりますが、ふとした言葉で、むむっと一同悩むことがあります。
その後調べて、暫しすっきりするのですが、すぐ忘れるんですね…。
自称「軽い認知症」の大先輩もいらっしゃいますので、備忘録作ることにしました。

先日話題になったのが、お正月の餅つき。つきたてのお餅は美味しいよ、と羨ましい話を沢山聞いたのですが、その丸めた餅を並べる入れ物のこと、はて何と言うのでしたっけ?
奈良のDさんが、おうちで「こじゅうた」と呼ぶと教えてくれましたが、誰もしっくりきません。

調べたところ、「もろぶた」又は「こうじぶた(麹蓋)」と言うのですね。
奈良では「こじゅうた」「こうじゅうた」とも言うそうですが、これは「こうじぶた」がなまったものだと考えられます。地方によって、他の呼び方もあるかもしれませんね。
[PR]
by koh_chang | 2009-01-15 00:14 | コトバの備忘録 | Comments(2)
Commented by なおぼん at 2014-05-02 10:42 x
こじゅうた、ありましたよ。
あたしは交野市出身の五十歳の主婦ですけど、母が餅つきのときに言うてました。
番重(ばんじゅう)とか餅箱にあたるもんでしょ。
母は、「こじゅうたん」と語尾に「ん」をつけてましたね。
Commented by こうちゃん at 2014-05-02 16:19 x
なおぼんさん、コメントありがとうございます。
こじゅうた、関西でも言うのですね。餅つきをされるお家では、その単語を使う機会もあるので、もっと馴染みのある言葉なのかもしれませんね。